オナ電・テレセ体験談

岩手に新妻を残し単身赴任!愛を深めるためにオナ電をする毎日

更新日:

俺は生まれも育ちも岩手県。

不幸な出来事もあったけど、やっぱり岩手県が好きだ。

結婚相手も岩手県の女性だった。

1年間の真剣交際のち結婚。

これから子作りに励もうとした矢先に、東京への単身赴任が決定してしまった。

岩手と東京って近いけど、遠い。

1ヶ月に1回、岩手県に帰るのが楽しみで毎日夜まで働いた。

そんな俺の平日の楽しみと言えば、新妻との電話だった。

「おつかれ~」

「お疲れ様。疲れたっしょ?」

「うん。すごい疲れた。」

「東京は暑い?岩手は今日結構暑かったよ」

「ほんとに?こっちはそうでもなかったかな。暑かったらアソコ蒸れたっしょ?」

「もう、たっちゃん!また下ネタ言って!もうムラムラしてるの?」

「うん、サキの声聞くとすぐムラムラしちゃう。精子だしたい・・・。」

東京に来てから、ほぼ毎日俺の嫁であるサキとオナ電をしている。

「うん、いいよ。」

「サキもムラムラする?」

「うん、たっちゃんがムラムラしてるって言うと私もムラムラしちゃう・・・。」

「愛してるよ」

「私も愛してる・・・。早く会いたい・・。会っていれてほしいな・・・。」

「俺のチンポ思い出して。ほら。すごい硬いやつ。サキのマンコいっぱいになっちゃうの覚えてる?」

「あん、もうエッチなこと言わないで。すごい興奮しちゃうの・・・。」

「おれとするオナ電好き?」

「うん。好き・・。だってセックスのときよりも沢山声出してくれるから・・・。」

「俺の吐息で興奮するの?」

「うん、たっちゃんも気持ちよくなってるって思うと凄い濡れちゃう・・」

「キスしよっか?チュッチュ 舌入れるよ ベチョベチョ ハアハアハア」

「うん、チュッチュ ベチョベチョベチョベチョ ハ ハ ハア  おっぱい触りながら・・・」

「うん、ハアハア すごい・・・。やわらかい・・。乳首立ってる。」

「あん・・。はやくいれてほしい」

「いいよ。いれる。ゴムつけないからね。マンコにぎゅっていれる」

「あん!あっはっ!はっ!き、き、きもちいい!!あんあん!」

「マンコの音聞かせて・・・。俺のチンポのしごく音も聞かせるから」

「うん。私のエッチな音聞いて! ギュチュギュチュヌチョヌチョ」

「ああああ!すごいエッチな音する!飲みたい!ほんとエッチ!俺のチンポの音聞こえる?シコシコシコ」

「うん!すごい摩擦音する!もっと激しくピストンして!!おねがい!赤ちゃん欲しいの!!!!」

「うん、ほらほら、ああああ、いくいくいくいく!!!いくうう!!!」

ピュピュウピュウルルル!!!

「はあはあ。すごい精子でちゃった・・・。」

「はあはあはあ、ほんとに?今日すごいきもちよさそうだったもんね。おつかれさま はあはあ」
「うん。愛してる」

「私も愛してる」

最初はオナ電も気持ちよかった。

しかし、人間というのは慣れる生き物だ。

もっと過激に、もっと刺激的に性欲を満たしたいと思った。

自分なりに考え、もっと過激なオナ電ができるであろう、ある物を岩手県に住んでいるサキに送ったのだ。

「おつかれ~」

「おつかれさま~。そういえば今日荷物届いたよ?何あれ?」

「中身見た?」

「ううん。見てない。開けていいものなの?」

「そうだよ!俺からのプレゼント♪早く開けてみて♪」

「わかった♪」

ガサゴソ ガサゴソ

「!!!!なにこれ!?」

「じゃじゃ~ん♪大人のおもちゃ♪ディルドってやつ♪俺のアソコとほぼ同じ大きさのやつ選んだの♪硬さもちょうどいいっしょ?」

「うん。ほんとそっくり!すごいねこれ!東京すごい!」

「ほんと東京すごいね♪じゃ早速使ってみよっか♪」

「ムードなしで?もう・・・。じゃキスから始めて・・・。っちゅ」

「むちゅむちゅッチュッチュ 俺のチンポ触ってみてるように触ってみな」

「うん・・・。あん、もうおっきくなってる・・・。」

「そうだよ。サキの体触るとすぐに勃起しちゃうの」

「あん。」

「フェラしてみて」

「うん。ジュポジュポビチュブチュジュポ んはあ。すごい・・・かたい・・。ジュポジュポ」

「・・・やばい!マジでフェラされてるみたい!んはんはンハア やべ!もうイッちゃいそうサキ!」

「らめえ・・・。わたひのほとすきはら・・。いはないで・・。ジュポジュんはんはハアハア」

「あっあっ!うん、わかったわかった!じゃもういれる!マンコにぶっさす!」

「あん、今日すごい、強引・・。そういうのも好き・・・。たっちゃんの全部すきいい。」

「ああ、すごいキツキツマンコ。マジで今日はやばい。精子沢山中出ししてやるから」

「うん!おねがい。沢山私のマンコに出してください・・。あんあんんはッハッハッハ」

「おら バックからケツ掴んでパンパンやるぞ!おらおらパンパン」

「あんあん!!あん!あん!あんっ!あんっ!い、いいそういきそう。いきそういきそう!!いくうううう!!!」

「おれもおれもおれも!!おれもいくいくいくううう、あいしてる~!!!」

ピュピュッピュウ

リアルディルドのおかげで、オナ電ライフがとても充実したのであった。

\ シェアしてください /

-オナ電・テレセ体験談

Copyright© オナ電相手を即発見ライブチャットで激カワ女性と即テレセ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.