オナ電・テレセ体験談

広島カープ女子と遠距離恋愛!オナ電で愛を深める日々

更新日:

ミキとは僕が広島出張のときに出会った。

彼女は広島市内のスポーツバーで働いていたんだ。

「ご注文はお決まりでしょうか?」

「はい。えーっと、とりあえずビールとこのカープ揚げ?っていうやつ」

「はい、かしこまりました。ビールとカープ揚げですね。」

「あのっ!カープ揚げって美味しいですか?」

「はい♪とても美味しいです♪」

その笑顔を見て、僕は一目惚れをしてしまった。

1週間の出張中、毎日そのスポーツバーに通った。

別にお酒を飲みたいわけじゃなかったし、広島カープのファンでもない。

ただミキに会いたかった。

それだけだった。

通い始めて4日目になり、ミキと気軽に話せるような仲になることができた。

「あっ!またきたのww」

「うんwwまたきたww」

「今日は何飲む?」

「今日もビールとカープ揚げお願いします♪」

「はい♪わかりました♪」

ミキも僕の顔を見ると、笑顔になるし会話も楽しくしてくれている様子。

その姿を見て、僕は告白しようと決意した。

「あのミキちゃん!」

「はい?」

「こんな場所で言うことじゃないと思うし、仕事中なのに申し訳ないんだけど・・・。」

「うん。何?」

他のスタッフもいたので、ミキの耳元で囁くように言った。

「あのね。よかったらお付き合いしてほしい」

「えっ?」

「ごめんね。いきなりで。でももうすぐ帰らないといけないから。今日告白しちゃった」

「突然だね・・・。うん。でもいいよ。私も気になってたし。」

「ほんと!やった!」

告白した日、ミキの仕事が終わるのを待ちそれからデートした。

夜が遅かったこともあり、バーで飲み、その後の流れで僕の泊まっているホテルで一夜を過ごした。

それから毎日セックスした。

そして、1週間の出張が終わり、僕は東京に帰ることに。

東京に帰ってから、毎日ミキを電話をするようになった。

「早く会いたいな」

「うん。会いたいね。僕も凄く会いたい」

「会ったらまたキスしてくれる?」

「うん沢山する」

「早くチューってしたいね」

「うん。したい」

エッチな話をしていると、ミキとセックスした記憶がよみがえる。

ミキのFカップのおっぱい。濡れやすいマンコ。

可愛い声の喘ぎ声。濃厚なフェラ。

早く会ってセックスしたい。

「ミキと早く会ってセックスしたい・・。」

「もう・・・。」

「オナ電しよ?」

「何オナ電って?」

「セックスしてるような感じで、オナニーすることだよ」

「・・・。はずい。」

「大丈夫。僕がリードするから。だって我慢できないんだ。ミキだってそうでしょ?」

「・・・・。うん。我慢できないかも・・。」

唐突な形で、ミキとオナ電することに。

あのとき、なぜオナ電をしようと思ったのか、いまだに自分でもわからない。

僕自身オナ電をすることが初めてだったので、最初は戸惑った。

「じゃ、触るよ」

「うん」

「あ、あ、あ、僕のアレどうなってる?」

「は、はずかしいじゃけん・・・。そんなん言わんよ・・・。」

今まで、広島弁で喋ったことがなかったミキが突然広島弁に。

僕が東京人ということで、あえて使わずにいたのかもしれません。

普段のミキとのギャップがとてもあり、可愛いなと思ったのと同時凄く興奮した。

「ミキ、広島弁凄い可愛いよ」

「もう、そんなん・・。そんなことないもん・・・。」

「愛してるよミキ。」

「うん、うちも。もっとギュッてして」

ミキの声が甘えモードの声に。

「もっとチュッチュってして」

「うん、チュッチュ こうかい?」

「うん、気持ち良い・・・。」

「それじゃここもチュッチュしちゃうよ」

「なんしよん?」

「セックスしたとき、いっぱいマンコにキスしてあげたでしょ?あれ思い出して」

「あん、あ、あ、だ、だめえ。もうおかしくなる」

「いいよ、ほんとにセックスしてるような感じでやって」

「うん、なんか一緒にセックスしてるような感じがするの。もっとチュッてして」

「チュッチュッチュ ベロベロ ベチョベチョ ビチョビチョ あああ、すごい、すごいマンコ濡れてる。あのときみたいに潮吹きたい?」

「あ、あん、あんあ、は、はっぅぅ!はあはっ!あっ!!あ、あは、うん。あのとき顔に沢山かけてごめんね。ハアハア」

「いいんだよ。ほら手マンしながらキスする シャカシャカってやるよ」

「うん!うん!ううう!!ん。はげしいいい!す、すごいい!!あっい、イクイクイクイク!!!!うっ!」

手マンでミキがイッた様子。

でも、僕はまだ射精していません。

もっとミキを苛めることにした。

「イッたの?僕はまだイッてないし、まだチンポいれてないんだよ?」

「うん、ごめんね、ごめんなさい」

「おしおきしちゃう。もっと手マンする」

「ああああ!らまえまらめえええ。イッたばっかりだから、敏感になってるの!!おねがい!」

「だめだめだめ!!もっとイカせるの!ほらほら!!」

「ああああ!!あいくいくく!!すきすき!しゅき!!イクク!!!」

ミキは一度オーガズムに達すると、連続でイキやすい子だった。

だから、まだまだ責めようと思った。

「またイッたの?ほんとスケベな体してるね ハアハア  今度は僕を気持ちよくさせてハアハア マンコにいれる」

「あん!にゅるってはいってきた!!あ、えっち!すごい・・・。」

「ミキのマンコ濡れすぎ!そんなに締め付けないで。イキそう・・・。」

「いいよ!いいよ!もうイッて!!気持ちよくなって!!うちもイキそう・・・。一緒にいこ?」

「うん!!イクイクイクイク!!!!!」

「うちもイクイク!!いくううううう!!!!!!」

ピュッピュッピュ とんでもない量の精子が出た。

チンポをティッシュに包み射精したが、量が多すぎてティッシュからこぼれ落ちてしまった。

それからも毎日ミキとオナ電をした。

会えない日々をオナ電で埋めるように。

\ シェアしてください /

-オナ電・テレセ体験談

Copyright© オナ電相手を即発見ライブチャットで激カワ女性と即テレセ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.